やすぎの花

ブルビネラ
ブルビネラ
初めてこの花を見られる方も多いでしょう!名前は「ブルビネラ」。英名は「キャット・テール」とも呼ばれ小さな星型の花が素敵です。英名そのままですが、猫の尻尾を見ているようです。花穂は長く伸びて、ご機嫌な猫の尻尾のように、くねくね曲がったりもします。小さな花は一本で100輪近く咲く品種もあるそうで、咲き終わった下側の花を、 こまめに取ってあげると、長い間キレイな花を楽しめるそうです。
花言葉は猫の尻尾がくねくねする様子から「右往左往」です。


 

アイリス
アイリス
アイリスはアヤメ科の多年草で、アヤメやカキツバタ、花菖蒲などが同じ仲間になります。日本人が慣れ親しんでいるアヤメは日本をはじめとする北東アジアが原産ですが、「アイリス」はヨーロッパ南部が原産と言われています。この花には歴史があり、紀元前15世紀にはエジプトの壁画に描き残されていたそうです。
花言葉は「良き便り」「うれしい便り」などメッセージ的な花言葉になっています。これは嘘か本当かわかりませんが、世界中のコンパスや地図で北を示す記号がアイリスからきているのでは?という話もあります。なんとなくアイリスに見えなくもないですよね……

 

スターチス・シネンシス
スターチス・シネンシス
スターチスの中でも宿根生で種間交雑によって作り出された「シネンシス」というお花です。スターチスにはもう一つ代表的な「シヌアータ」と呼ばれる一年生で花の部分がブラシ状になった花がありますが、 どちらもドライフラワーとして楽しめるお花です。一見かすみ草とよく似ていて間違えてしまいそうですが、全く違うお花なんです。かすみ草は夏の暑さに弱いので、暑い時期は代わりにこの花が添え花として出番を向かえます。
ドライフラワーに出来ることもあって花言葉は、「永遠にかわらない愛」です。
【ドライフラワーの作り方】
水を入れずに花瓶に挿したまま何日も置いておけば出来ますが、キレイに仕上げたい場合は、花を逆さまにして風通しの良い軒下などに吊してください。

 

ヘメロカリス
ヘメロカリス
ヘメロカリスは、日本や中業苦の原種がヨーロッパに持ち込まれ品種改良によって作られたものです。同じ仲間に日本でもお馴染みの「ニッコウキスゲ、ノカンゾウ、ユウスゲ」など沢山あります。 花は百合に似ていて、シンプルですが豪華で明るい雰囲気のある花です。写真は黄色い花の一重咲きで丈が30センチくらいの小型品種になる「ステラデオロ」です。この他にも一口にヘメロカリスと言っても花色や咲き方、花の大きさが色々あったり、品種によっては 朝に花が咲いて夕方にはしぼんでしまう昼咲きタイプとかあったり、その真逆で夜にだけ花を咲かせるものなど、本当に多種多様です。こういった特徴から英名は「デイリリー」と言われていて、一日で花が萎んでしまうことからつけられたのだと思います。一輪の花はすぐ終わってしまうのですが、次々と新しい花を咲かせるので 長い間楽しむことが出来ます。
花言葉は、「媚態」や「一夜の恋」などです。

 

アマリリス
アマリリス
豪快な花の「アマリリス」。ひがんばな科でアマリリス属のアマリリスは日本人だけがそう呼んでいるらしく、外国ではベランドナ・リリーや英名のヒッペアストラムと呼ばれているそうです。英名のヒッペアストラムはギリシャ語で「hippos(馬) + astrom(星)」が語源と言われていて、「馬のように大きな星」という意味だそうです。まさしく大きな星ですね。
花言葉は、星形の大きな花を誇らしげに咲かせることから「誇り」です。この他にも「内気」や「すばらしく美しい」などがあります。

 

スプレーバラ
スプレーバラ
バラの中でも小さい花をたくさんつけるスプレーバラ。普通のバラは1本に1輪の花を咲かせています。これをスタンダードバラと言います。スタンダードバラと違い、 スプレーバラは1本から枝が分かれ3輪以上の花を咲かせたバラの種類を言います。スプレーバラの花は1輪1輪が小さいのですが、1本にいくつも花がついているため、 可愛らしさとボリューム感が一度に楽しめます。その可愛らしさや美しさが故に、中世ヨーロッパでは「人々を惑わすもの」として教会にタブーとされたことがあるそうです。
花言葉は、「包容力:小さくてもそっと寄り添ってくれる存在感」で、オレンジ色のバラの花言葉は「元気・やすらぎ」です。

 

かすみ草(霞草)
かすみ草(霞草)
かすみ草は、花束やフラワーアレンジメントで見かけることが多い花です。ほかの花を一層引き立ててくれるかすみ草ですが、引き立てると言ってもかすみ草そのものも十分に存在感があるお花です。 この凛とした存在感と奥ゆかしさは、まさに芸術品の域だと思いませんか?
花言葉は、「きよらかな恋」。そして英名は「ベイビー・ブレス」。白く清らかなかすみ草の花を見ていると、愛に包まれた可愛らしい赤ちゃんの寝息が聞こえてきそうですよね。